理想の結婚式ってどんな式?

~式場が言わないホントの話~

結婚式は人生の大きな節目。理想の結婚式ってなんでしょうね?このページはあまり他の式場様が言わない内容が含まれています。
少し長いですが、後悔しない結婚式を挙げたいなら是非読んでみてください。
読んだ後、結婚式に向かうスタンスがきっと変わっているはずです。


何故結婚式を挙げるのか?挙げてほしいのか?

結婚式は女性にとって「憧れ」であり、夢見た日かも知れません。男性にとっては「ケジメ」であり「決意表明の日」でしょうか。

結婚式の主役は新郎新婦です。ですが、結婚式は二人だけのものでは無いのです。
ご両親からすれば、今まで大事に育ててきた息子・娘の晴れの日。
お世話になった方々に子供たちの晴れ姿を披露したいと思うのは自然な気持ちだと思います。

何故結婚式を挙げるのか?挙げてほしいのか?「想い」をしっかり話し合うことが「理想」の結婚式への第一歩です。

「なんだ、そんなことか」と思う方もいらっしゃるかも知れませんね。
ですが、本当にしっかり話し合っているカップルはほとんどいらっしゃらないのが現状です。


家族の意見をまとめよう!

「〇〇に憧れが・・・」「料理にはこだわりたい!」「白無垢姿が見たい」
お二人だけでなく、ご家族の様々な思いが絡んでくるのが結婚式というもの。

まずは、何の知識もない状態で、予算や披露宴の規模、時期、場所、やりたいことなど話し合ってみましょう。
その時に出た条件や要望が、お二人の結婚式のベースになります。

これだけ結婚式が多様化している現代では、色んなことが可能です。
「本当に」お二人とご家族が望んでいるカタチのものは二人とご家族の中にしかないのです。
条件や優先すべきことを出来る限り明確にしておくことが重要です。


「まずはお気軽にお越しください♪」・・・でもちょっと待って!

「そんなことするよりプロに相談した方が早いでしょ?」

確かにその判断も間違えてはいません。どの式場も「まずはお越しください!」とうたいます。当館もそうですね。(^-^;

でも、例えばですが、「旅行に行く」とした場合「どこか旅行に行きたい」と漠然と考えているだけの
状態では出発しませんよね?旅行代理店に行くとしても、ある程度の希望は話し合ってから行きませんか?

イメージを持たずに結婚準備を進めていくことは、行先をよく定めないまま船に飛び乗るのと同じことなんです。
どんな船(式場)であっても、すべてのお客様のすべての要望に応えることは難しいものです。出来るのは、船に積んでいる分だけです。
もし「〇〇がしたい」という思いがあっても、その船に積んでなければできません。行先を変更するのにも限界があります。

解決策はただ一つ、“乗る前に確認する”ことです。
しっかり相談する、ということは「見学に行った時に、何を聞いたらいいのか具体的にしておく」ということです。

もし、何も考えずに「とりあえず」見学に行ったとしましょう。
大半のプランナーはあくまでも、自社で可能な範囲内と自分の経験をベースに提案をします。

もちろんプランナーはヒアリングしながら、お二人のニーズを引き出そうと努力し、
一生懸命考えますが、おっしゃらなかったことに関してはわかりません。
わからないので、知識として持っていても触れることが出来ません。

しかも、その提案は当たり前ですが「悪くない」のです。
それに感化されてしまい、それでも良いような気がしてきます。

正確に言うと、判断材料となるべき「本来の目的」が明確でないので、判断出来ないのです。
誰も判断できない中、「理想の結婚式が叶う!」と言えるでしょうか?


見積もりオーバーする訳は

では、打ち合わせがはじまった後はどうでしょうか?

結婚式では、招待状や席次表、衣装・演出・引出物など沢山の項目について打合せをすることになります。

人間は、普段慣れていない大きな買い物、経験をするときに正常な判断が出来なくなるという心理があるそうです。
旅行やテーマパークに行った際に、普段なら絶対買わないものを購入したり、
たくさんのお金を使ってしまったという経験はないでしょうか?

結婚式は、これに加えて「どうせなら」という心理や
「一生に一度」という言葉の魔法による、金銭感覚の麻痺にも注意しなければなりません。
各式場は“良いと思う物”を提案してきます。それはそうですよね、“悪い”と思っている物を商品化はしないですから。

そしてその商品は多様化しているニーズに応える為にどんどん増えていきます。
価格も様々です。その分お二人の選択肢も広がって行きます。

見積もりオーバーの大半は「気が付いたら」そうなっています。
つまり、あまりに多くの選択肢がある為に、一つ一つの決断時にあまりよく考えない場合があるんですね。
「あったらいいな」「可愛いから」「良さそう」という理由だけで決めていくと、高確率でオーバーします。
繰り返しになりますが、“そういうものだから”商品化してあるんです。
自社で用意している商品を「買わないでください」という式場は少ないと思います。

商品を選ぶ時に考えるべきなのは、本当に必要かどうか?本来の目的に沿っているかどうか?です。
そもそも「高い」「安い」は価値と価格のバランスで感じる物。「〇〇円だから高い・安い」とは一概に決められません。
そこには個人の価値観が存在し、皆それを元に判断します。
だからこそ、互いの気持ちを理解しておくためにも話し合いが重要なのです。


後悔しない結婚式の為にやるべきこと

少し、不安を煽るような文面になってしまいましたが、一言にまとめますと一生に一度の結婚式を“何となく”始めてほしくないのです。

結婚式の想い出は返品交換出来ないからです。

まずは二人と家族でしっかりと話し合い、自分たちが何のために結婚式をするのか、
そこで何をしたいのか、伝えたいのか、結婚式のイメージや目的を明確にしておきましょう。

・どのくらいの予算にしようか?

・どこまで招待しようか?それは何故なのか?

・結婚式にお金をかけるべきか。それ以外の楽しみにお金を使いたいのか。

・式場でやるなら、外観を重視したいのか。料理を大事にしたいのか。

・そもそも本当に結婚式が必要なのか。

話し合いの内容は、ノートに書いてまとめておくことをおすすめします。
最初から細かなところまでを決める必要はありません。まずは本筋を立てて、詳細は後から肉付けしていきましょう。
出来れば「それは何故なのか?」をお互いに把握しておくようにしましょう。
もちろん、新しい情報を知っていくうちに考え方が変わることもあると思います。
その時はノートを読み返して、自分たちがどんな結婚式をしたかったのかを思い出してから決めるようにしましょう。

本来の目的を意識していると、いつでも正しい判断基準で情報を見ることができるようになり、
プランナーと相乗効果的に案を出し合いながら、100%満足できる素敵な結婚式を挙げることが出来ます。

あらたまって話すのはちょっと・・・と思われるなら、是非ご家族総出でお越しいただき
「相談の場」としてお使いください。

必要な時にのみ、専門家としてのアドバイスをさせていただきます。